【AMWL】Amwell(アムウェル)とは?グーグルが1億ドル投資したテレヘルス!

米国株日記

「Amwell(アムウェル)というオンライン診療大手がIPOへ」というニュースがありました。
最近の話ではグーグルが1億ドルをアムウェルに投資したというニュースもありました。

それでは、アムウェルとはどんな会社なのでしょうか?今回はアムウェルを調べてみました!
この記事を読めばアムウェルについて分かると思います。

 

目次
・アムウェルとは
・アムウェルの遠隔医療機器
・まとめ

 

 

アムウェルとは

アムウェルとは、2006年創業の遠隔診療のプラットフォーマーであり、本社はボストンにあります。

ホームページはこちら
Amwell

年中無休のオンライン医師訪問をコンセプトに、携帯電話やタブレット、またはPCを使用して自宅から医師などに面会できるサービスを展開しています。

つまり、遠隔医療サービスですね。
最近の新型コロナウイルスの影響で+94%の急成長をしています。

 

遠隔医療サービスのメリットとしては、

・どこでも訪問できる。
 モバイルアプリをインストールして、いつでもどこからでもヘルスケアにアクセスできます。

・24時間営業
 医師は24時間年中無休で対応しています。

・予約なし
 サインインして、サービスを受けます。待合室はありません。

・処方箋
 処方箋は選択した薬局に配送されます。

・値段
 普通に病院に行くよりリーズナブルです。

 

 

そんなアムウェルは、たくさんのサポートをしています。
・緊急処置
・小児科
・健康管理
・精神医学
・慢性疾患管理

遠隔でこれらのサービスをサポートしています。

 

アムウェルの遠隔医療機器

アムウェルは遠隔医療に関するいろいろな機器を持っています。
今回は一部をご紹介します。

 

遠隔医療カート

入院および外来のケアをサポートするように設計された遠隔医療カートは、遠近の専門家へのタイムリーなアクセスを提供するために、いろいろな症例を管理する装備があります。

これらの遠隔医療カートは、専門家を必要な場所に連れて行き、遠隔で完全な患者検査を可能にします。

  • 専門家を必要な場所に連れてきます
  • 画像とリアルタイムの音声フィードの共有を通じて意思決定を強化
  • パンティルトズームカメラと遠端カメラ‑コントロールで患者の拡大図を取得

 


キオスク

オンサイトの診療所、小売店のヘルスケア、または薬局のケアに理想的なキオスクは、ケアへの即時アクセスのためのオンデマンドの遠隔医療訪問を提供します。

レンガとモルタルの薬を模した「ウォークイン」クリニック体験を患者に提供します。

  • 手頃な価格でアクセスしやすいケアを提供する
  • 店舗のトラフィックを増やし、患者の体験を向上させる
  • ブランドの評判を高め、集水域を拡大する

まとめ

さて、今回は簡単ではありますが、Amwell(アムウェル)について調べてみました。
日本にはまだこのようなサービスがないですが、今後は少しづつオンライン化してくるかもしれませんね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました