【失敗しない!】仮想通貨の取引所おすすめ3選

仮想通貨ってどこの取引所で買えばいいの?

仮想通貨を買ってみたい!・・・けど、どこで買えばいいか分からない。

そんな方向けに、僕が実際に取引しているオススメの取引所を紹介します。
今回は厳選して3つの取引所に絞りました。

この記事を見れば取引所で口座を開設し、後から「あっちの口座にすればよかった!」などの失敗を減らす事が出来ます。
実際に僕が使ってみた意見なども書いてあるので、これから仮想通貨取引を始める人の参考になると思います。

目次

おすすめ取引所

仮想通貨を取り扱っている取引所は数多く存在します。
それぞれに特徴があるので分かりやすく解説していきます。

結論から言うと、こちらの3社になります。

  • Coincheck(コインチェック)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • bitbank(ビットバンク)

取引所ごとにメリット、デメリットがあるので、そちらも解説しながら紹介したいと思います。

それでは、まずは各社の特徴から解説をしていきましょう。

特徴

まずは3つの取引所でどのような違いがあるのか?

見やすくリストにまとめたので確認していきましょう。

自分にはどの取引所が合っているのか?
考えながら見るのも良いと思います!

スクロールできます
取引所名銘柄数分かりやすさ積立投資手数料口座開設特徴
Coincheck
(コインチェック)

※(△)
ダウンロード数、銘柄数NO.1、販売所が分かりやすい。
bitFlyer
(ビットフライヤー)
ビットコイン取引量NO.1、積立投資がやり易い。
bitbank
(ビットバンク)

※(◎)
✖️取引所が分かり易い。
取引所でイーサが買える。
※取引所についての分かりやすさ

それぞれの取引所に特徴が合って向き不向きがあります。
簡単にまとめるとこうです。

おすすめ取引所
  • たくさんの銘柄簡単に取引したい方はコインチェック
  • 積立投資をやりたいならビットフライヤー
  • ビットコイン以外安い手数料で買いたいならビットバンク

その他に覚えて欲しいことが、仮想通貨を売買するには、取引所販売所と言う場所があります。
これは初心者の方には少し難しいですが、覚えておいて損は無いので、頑張って覚えましょう。

2つの違いを簡単に言うと、手数料が違います。

  • 取引所:ユーザー同士が仮想通貨の取引をする(手数料安いが取引は難しい)
  • 販売所:仮想通貨を販売している会社から購入する。(手数料高いが取引は簡単)

基本的には取引所の方が手数料が安いのでお得ですが、難しいので慣れるまでは販売所でも良いと思います。

この2つの違いは話すと長くなるので、こちらの記事で詳しく解説しています。さらに詳しく知りたい方はこちらへどうぞ。

僕は仮想通貨の取引歴は2年になりますが、どの取引所も実際に使用したことがあります。
それぞれのおすすめポイントと、実際に使用して思ったことを個別に解説していきます。

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

まず一番におすすめする取引所はコインチェックです。
僕が初めて仮想通貨を取引したのは、このコインチェックからでした。

コインチェック株式会社は2014年8月に設立された、国内大手の仮想通貨取引所です。
特徴として、以下の3つの特徴があります。

おすすめポイント
  • 初心者でも扱いやすい
  • 国内最大級の仮想通貨を取り扱っている
  • NFT取引ができるため、将来性が高い

初心者でも扱いやすい

コインチェックは初心者でも使いやすい取引所です。

「日本で一番簡単にビットコインを買える取引所」として、ユーザーの使いやすさを重視して感覚的に使いやすいデザインを採用しています。
スマホアプリを使えば簡単に現在価格や価格の変化などを表すチャートを確認することができます。

僕も実際に使ってみましたが、初めてでも使いやすく分かりやすく使いやすかったので、すぐに取引することができました。

仮想通貨を売買するのも、説明を見ることも無く直感的に作業できるので、仮想通貨取引が初めてという方に強くおすすめできます。

国内最大級の仮想通貨を取扱い

コインチェックは、仮想通貨の取扱種類が多い取引所としても知られています。
ビットコインを始め、現在(2021年10月)は以下の17種類を扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)

国内では最大級の取り扱いとなります。

NFT取引ができるため、将来性が高い

最近なにかと話題のNFTですが、コインチェックにはNFTを取引できる「Coincheck NFT(β版)」があります。

まだβ版ではありますが実際に取引することができ、仮想通貨取引所では国内初となります。
他のプラットフォームでは、英語での作業となるため、完全日本語なのは日本人にはありがたいですね。

このような最新のITトレンドをいち早く取り入れており、コインチェックの将来性は高いと言えます。

NFTについてもっと知りたい方はこちらで詳しく記事にしています。

デメリット

最後にコインチェックのデメリットについても触れておきます。

特徴の方で、コインチェックでの取引は分かりやすいと紹介しましたが、それは販売所での売買する場合のみになります。
取引所で仮想通貨の売買を行う場合は非常に分かりにくかったです。

しかも取引所で買う場合もアプリからは取引できず、わざわざWebで購入する必要があります。
これが非常に面倒くさいです。

そして、取引所で売買できるコインの種類も限られており、

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ファクトム(FCT)
  • モナコイン(MONA)
  • パレットトークン(PLT)

以上の5種類のみとなります。
イーサリアムなどの仮想通貨が欲しい場合は販売所のみの取引になるので注意が必要です。

コインチェックの取引所で仮想通貨を買う方法に興味がある方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

とりあえず仮想通貨の取引がしたい方は無料で口座を作れるので、まずはコインチェックをおすすめします。
コインチェックの口座開設はこちら

コインチェック

bitFlyer(ビットフライヤー)

次におすすめするのが、 bitFlyer(ビットフライヤー)です。
ビットコインの取引量が国内No.1で知られていますね!

最近はテレビCMに芸人の松本人志さんを起用したことで話題になりましたね。

松本人志さんを起用

実際にスマホアプリで取引してみたところ、UIも分かりやすくスムーズに取引できました。

ビットフライヤーの特徴はなんと言ってもビットコインを1円から購入できる点です。
資金の少ない方や、1円から購入できるので積立投資がやり易いです。

ビットコインの積立投資がしたい方は間違いなくビットフライヤーをオススメします!

おすすめポイント
  • 1円からビットコインを買うことができる
  • 積立投資が簡単
  • 取り扱い銘柄も多い
  • Tポイントをビットコインと交換できる

積立投資が簡単

積立投資自体はコインチェックでもできますが、コインチェックとの違いは以下のとおりです。

スクロールできます
取引所名銘柄数積立日最小積立金額手数料
ビットフライヤー 14毎日・毎週・毎月2回・毎月1円〜100万円無料
コインチェック15毎日・毎月1万円〜100万円無料

上記の通り1円から積立ができるのと、積立日も自分の好きなタイミングで設定できるので、自分の予算にあった積立ができます。
一度設定すれば自動で積立してくれるので、時間がない人や面倒くさがりな人でも安心できます。

積立投資はタイミングを見て売買するわけではないので、投資初心者でも長期で積立すれば利益を出せるかもしれません。
長期の積立投資に関してはこちらで詳しく解説しているので、興味がある方はどうぞ。

もちろん、普通に取引する場合でも1円から購入可能です。
予算が少ない方や、投資初心者にもおすすめとなっています!

取り扱い銘柄も豊富

取り扱い銘柄もコインチェックほど多くないですが、14種類と国内トップクラスで多いです。

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • チェーンリンク(LINK)
  • ポルカドット(DOT)
  • テゾス(XTZ)
  • ステラルーメン(XLM)
  • バット(BAT)
  • イーサクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)

取り扱い銘柄も多く、コインチェックとは扱っている銘柄も違うので、欲しいコインがある方で口座を決めても良いかもですね!

Tポイントをビットコインと交換できる

ビットフライヤーのメリットとして、Tポイントをビットコインと交換できます。
また逆に500円以上のビットコイン決済でTポイントを貯めることもできます。

Tポイントを使えるのは投資初心者からしても嬉しいですね!
お金を使うことに抵抗があれば、まずはTポイントで投資してみることをお勧めします。

Tポイントを使えるのはビットフライヤーが国内初となっています。

ビットフライヤーに興味がある方や、ビットコインの積立投資がしたい方はこちらから口座開設できます。

デメリット

ビットフライヤーのデメリットとして以下の二点があります。

  • 銀行からの入金手数料が高い
  • 取引所に対応している銘柄が少ない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

銀行からの入金手数料が高い

ビットフライヤーに銀行から入金する場合、手数料が330円かかります。
これはコインチェックなどの他社では無料なので、ビットフライヤーのデメリットと言えます。

住信SBIネット銀行から入金すれば手数料は無料なので、そちらからの入金をお勧めします。
住信SBIネット銀行を持っていない方は、非常に便利に使えるネット銀行になるため、開設してみてはいかがでしょうか?

僕もSBIネット銀行をメインに使っていますが、不満は一切なく使えています!

取引所に対応している銘柄が少ない

ビットフライヤーの取引所では5種類しか対応していません。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BTH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)

コインチェックより1種類多いですが、それでも5種類となっており少ないです。
イーサリアムがあるのは個人的にグッド!

僕もそうですが、仮想通貨の取引に慣れてきたら取引所でしか売買しませんからね。

bitbank(ビットバンク)

最後に紹介するのは bitbank(ビットバンク)です。


国内の仮想通貨取引所において取引量No. 1の実績を持っており、取引所に力を入れている会社になります。

僕も実際に使ってみて思ったのは、販売所と取引所の違いが分かりやすいので、スマホアプリからでも取引所での売買が容易でした。

おすすめポイント
  • 取引所で扱っている銘柄が多い
  • ビットコイン建てで仮想通貨を購入できる
  • 入金手数料が無料

取引所で扱っている銘柄が多い

冒頭でも言いましたが、手数料が安い取引所での売買が分かりやすく取引しやすいです。
欲しい銘柄があっても、他の口座では手数料の高い販売所しか取り扱っていないこともあるので、正直これだけでもかなりのメリットと言えます。

取引所で取り扱っている銘柄は多く、合計で12種類の銘柄を取り扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH /BCC)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • シンボル(XYM)
  • チェーンリンク(LINK)

これだけの銘柄を取引所で取り扱っているのはビットバンクだけです。
スマホアプリからでも取引所での操作がやり易く、初めてみたときは驚きました!

取引所での売買は慣れていないと難しいですが、そんなに難しくはないので頑張って覚えましょう。
手数料も安いので、取引所で売買したい方は特にビットバンクがおすすめです!

ビットコイン建てで仮想通貨を購入できる

ビットバンクの取引所では日本円の他に、ビットコインでもアルトコインを購入できます。
アルトコインとはビットコイン以外の銘柄のことですね!

持っているビットコインをアルトコインと交換することで、日本円を入金せずにアルトコインを手にすることができます。

日本円がなくてもビットコインさえあれば購入できるので、深夜帯などで急にアルトコインが欲しくなっても対応できるのは強みですね!

ただし、ビットコイン建てでアルトコインを購入し利益を出した場合は税金の計算が難しくなるので、税金の勉強をしてからの方が無難です。
よく分からないという方は、普通に日本円で取引しましょう!

入金手数料が無料

ビットバンクでは日本円を入金する際の手数料が無料となっています。
他社口座では入金手数料がかかる場合もあるのでこれは嬉しいですね!

仮想通貨取引を始めたばかりの人や、少額で取引をしている人は、頻繁に日本円を入金すると思うので、入金手数料が無料なのは嬉しいですね。

投資の世界では、できる限り出費を抑えた方が成果は出やすいので、節約できるところは節約していきましょう!

ビットバンクは取引所メインで取引するのがおすすめなので、ある程度取引経験がある方におすすめです。

ビットバンクに興味がある方はこちらから口座開設してみましょう。

デメリット

最後にビットバンクのデメリットを紹介します。

個人的に見ていて思ったのが、チャートが分かりにくいと思いました。

スマホアプリで見ると、チャートはロウソク足ではなくただの折れ線グラフであり、ある程度投資に精通している人であれば見にくいと思います。

ビットコインなどの特定の価格だけ見ている分には問題ないんですけどね。
チャートを見て短期トレードする方にとっては不向きかと思います。

あと、販売所での購入が不便に感じました。

購入の際に選択肢が4つの選択肢が出てきます。

1000円、10,000円、50,000円、100,000円の4つですが、逆にいうとこれらの金額でしか買えません。

これは非常に買いにくいと思いました。

ただ、ビットバンクを使う方はある程度取引所の売買に慣れており、取引所をメインとして使っている方が多いと思うので、デメリットの部分はそんなに気にならないかもしれません。

仮想通貨売買に慣れていないと少し戸惑ってしまうのがコインバンクとなっています。

まとめ

以上で3つの取引所をまとめてみました。
今回のおすすめ講座は下記の3つとなります。

自分に合う仮想通貨取引所はあったでしょうか?

どの口座もメリット、デメリットがあるので、理解した上で開設しましょう。

どの取引所も口座開設は全て無料、年会費も無料なので全て開設してみるのも良いと思います。

それでも迷っている人は、まず手始めにコインチェックをおすすめします。
僕も初めて口座開設してコインチェックで色々と学びました!

仮想通貨の分野はまだまだ伸びると思うし、仮想通貨が欲しい!となった時に口座開設から初めても間に合わないので、早めのうちに口座を開設しておきましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる