OpenSeaでNFT売買の始め方

「NFT」って聞いたことありますか?
海外や一部の投資家の間では「NFTアート」と呼ばれるものが流行っています。

NFTアートは言ってみればデジタルな絵なんですが、コピーができない唯一のデータとなります。
世界で1つだけの絵をデジタルで書くとで、資産価値が生まれることから、最近は人気が高まっていますね。

高校生がこのNFTアートで何十万円も稼いでいますし、1枚3,000万円の作品も販売されています。
100円で買った絵が100万円になることもあるので夢が広がりますね!

1枚3000万円以上するETF「CryptoPunks(クリプトパンクス)」

もちろん買った絵を売るだけではなく、自分で販売することもできます。
今回はこのNFTについての解説と、NFTの売買方法について説明したいと思います。

NFT売買をするには仮想通貨のイーサリアムが必要です。
イーサリアムは仮想通貨の取引所「コインチェック」で購入できます。

この機会にコインチェックのアカウントを持っていない方は口座開設をおすすめします。
コインチェックでイーサリアムを手に入れるための手順はこちら

この記事の概要
  • NFTの概要を解説
  • おすすめのプラットフォーム
  • MetaMaskのインストール方法
  • OpenSeaの登録方法
  • イーサリアムの送金方法
目次

NFTの概要

NFTとはNon-Fungible Tokenの略で非代替性トークンとも呼ばれます。

ブロックチェーン上で唯一性が保証されているので、この世でただ1つだけのデータになります。
シリアルナンバーが付与されているイメージですね。

NFTはアートに限らず、ゲームのデータもNFTにできるので、
ネットゲームの中で世界に一つだけの武器とかも作れます。

少し前にtwitter社のCEOであるジャック・ドーシー氏が
一番最初にしたツイートがNFT化され3億円超で落札されました。

このような世界に1つのアイテムをリアルマネーで取引することで、
ビジネスや転売などでお金を稼ぐことができます。

世界で一つだけのアイテムをゲットすれば、リアルマネーで取引できる

このようなNFTを誰でも作ることができるので、
絵や音楽、ゲームのクリエイターさんは作ってみるのも面白いと思います。

NFT売買のプラットフォーム

NFTを売買するにはプラットフォームでやりとりをする必要があります。

現時点での有名なプラットフォームは以下の3つとなります。

  • コインチェック
  • Rarible(ラリブル)
  • OpenSea(オープンシー)

これら3つの特徴を以下で解説します。

コインチェック

仮想通貨の取引で有名なコインチェックです。

2021年3月24日、コインチェックはNFTのプラットフォームとしてCoincheck NFT(β版)の提供を開始しています。
コインチェックでイーサリアムを購入した後、そのままNFTの取引ができるのが嬉しいところ。
他のプラットフォームが英語なのに対し、コインチェックは日本語対応なので、英語ができなくても安心です。

ユーザーは誰でも簡単にNFTの購入、出品が可能となっています。

仮想通貨取引所がNFTのプラットフォームを運営しているのは国内初となるので、今後はもっと盛り上がって欲しいところですね!

Rarible(ラリブル)

世界的に有名なプラットフォームとして Rarible(ラリブル) があります。

RaribleはUI(ユーザーインターフェース)が分かりやすく直感的に操作できます。
もちろん誰でも簡単にNFTの購入、出品が可能となっています。

また、独自のRARI(ラリ)トークンを使うことができます。
ただし、ガス代(手数料)が割高なので注意が必要となります。

OpenSea (オープンシー)

最後にOpenSeaと言うプラットフォームですが、ここが一番オススメです。

OpenSeaは世界最大のプラットフォームで、
フリマアプリで言うメルカリ的な場所であり、一番勢いのある場所となっています。

有名な著者なども取引しており、最近ではGENERATIONSの関口メンディーさんも取引して盛り上がりを見せています。

英語のプラットフォームとなるため、日本人には少し大変かもしれませんが、
その分世界中の人とNFTの取引ができるようになります。

また、最大の魅力としてガス代が初回の取引以外で発生しません。
頻繁にやり取りする方にとっては、これは大きなメリットとなりますね!

結論

世界最大のプラットフォームであるOpenSeaがオススメ!

ただし、OpenSeaでNFT売買をするためには次の手順が必要です。

STEP
メタマスクを導入する
STEP
OpenSeaに登録する
STEP
イーサリアムをウォレットに入れる

と上記のように少し手順が複雑になってくるので、これから解説をします。

OpenSeaでのNFT売買手順

Google Chromeにメタマスクを導入する

まずはGoogle Chromeにメタマスクを導入します。

メタマスクを使うとブラウザ上にウォレットを作成することができます。
このウォレットにイーサリアムを入れます。

メタマスクはGoogle Chromeの拡張機能としてインストールできます。
まずはこちらにアクセスします。

拡張機能の追加画面になるので、Chromeに追加を押してGoogle Chromeにインストールします。

開始をクリック

ウォレットの作成をクリック

パスワードの作成画面になるので、パスワードを決めます。
このパスワードはメタマスクにログインする際に必要になります。

「ウォレットの保護」についてのビデオがあるので確認します。
ビデオは英語なので難しいですが、動画外の右側に説明が書いてあるので、
そちらは確認しておきましょう。

秘密のバックアップフレーズを確認します。
このフレーズを使用するとアカウントの復元が簡単にできるようになります。

秘密の言葉を表示するには、ここをクリックを押すとフレーズが出てくるので、どこかにメモってください。

他人には絶対にバックアップフレーズを知らせないこと!

アカウントを乗っ取られて自分のお金を使われてしまいます。

フレーズをメモったら次へをクリック。

先程のバックアップフレーズを確認します。
下段のフレーズから順番に単語を選びましょう。

これでメタマスクの導入は完了になります。
すべて完了をクリック。

これでメタマスクのウォレットができました。
上部「Account1」の下にあるアドレスが、自分のウォレットアドレスになります。

まだ0 ETH(イーサリアム)なので通貨の移動が必要です。
通貨の移動方法は後ほど解説します。

OpenSeaに登録する

次にOpenSeaにアクセスします。

先程のメタマスクウォレットをOpenSeaに紐付けします。

画面右上の「My wallet」から「MetaMask」をクリックします。

MetaMaskを使用して接続とでるので、チェックをして次へ

接続をクリック

これでアカウントにウォレットが紐づけされましたね。

次にアカウント設定を行います。

画面右側の黄色アイコン(もしくは画面右の黒丸3つ)から「Settings」をクリック

署名の要求とでるので、署名をクリック

次に「Username」と「Email Address」を入力します。
その他の項目は入力しなくても問題ありません。

最後に下段のSaveをクリック

登録したメールアドレスにOpenSeaからメールが届いているはずなので、確認しましょう。

メールの中に「VERIFY MY EMAIL」があるので、こちらをクリックするとメール認証が完了します。
OpenSeaの初期設定はこれで終わりになります。

あとは黄色アイコンから「Profile」をクリックし、自己紹介文やアイコンの変更をしておきましょう。

これでトップページの「探索」、「作成」からNFTの売買をすることができます。
NFTを出品する方法、購入する方法については、こちらで分かりやすく解説しています。

最後にウォレットの送金を行い、OpenSeaで自分のイーサリアムを使えるようにしましょう。
あともう少しなので頑張ってください。

ウォレットの送金

仮想通貨の取引所から送金する手順を解説していきます。
ここでは例としてコインチェックからの送金を説明します。

まずはコインチェックにログインします。

左側のタブから「コイン送金」をクリック

画面上部に「Ethereumを送る」とあるのでクリックします。

送金先リストの編集をクリックし、送金先をメタマスクのウォレットアドレスにします。
アドレスは先ほど作成した「ウォレットアドレス」からコピーしてきて貼り付けすれば大丈夫です。

ただし、送金先アドレスを間違えてしまうと、自分の仮想通貨がロストする(消える)ので注意して下さい

これでメタマスクウォレットに自分のイーサリアムの送金が完了しました。
メタマスクとOpenSeaは既に紐づけしてあるので、あとは自由にNFT売買を楽しみましょう!

NFT売買手順まとめ

今回はNFTの売買までをまとめてみました。

イーサリアムを送金する際にはアドレスを間違えないように注意!

NFT市場は最近盛り上がっており、これから日本でも発展していくと思います。
これを機に皆さんもNFTの取引をしてみよう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる