仮想通貨(ビットコイン)の始め方

ビットコインが儲かるって聞いたけど、買い方がわからない・・・

どの取引所で取引したらいいの・・・?

こんな方のために今回は、ビットコイン口座開設方法取引のやり方を解説していこうと思います。

まずはビットコインの説明から始めます。
口座開設の方法だけ知りたいという方はこちらからジャンプ!

目次

ビットコインとは

ビットコインてよく聞くけど、そもそもなんなの?

ブロックチェーン技術を使用したインターネット上にある仮想の通貨です。

ビットコインはインターネット上で使用できる通貨であり、ブロックチェーンという技術で動いています。
国や政府は管理しておらず、誰かが管理しているという訳でもありません。
製作者はサトシ・ナカモト(wiki)と言われていますが、詳しい事は全てわからないままです。

それでも売買が成り立つ仕組みはブロックチェーンに記録をしているから。
分かりやすく言うと、「ビットコインの売買記録を世界中のコンピュータで共有し管理している」ので、不正はできない仕組みになっているのです。
そのおかげで僕たちは安心して取引が出来ます!

このブロックチェーン技術は今後いろいろな物に応用されると思います。
たとえば、車の免許証やパスポート、ワクチン接種証明書などをブロックチェーンで証明すれば、だれでも確認できるし不正も防ぐことができます。

それではなぜビットコインに価格が付くのかというと、発行上限が決まっているからです。
上限数が決まっており、日本円や米ドルなどと交換できるので需要と供給の関係から値段が上下しています。

まとめ
  • ビットコインはブロックチェーンで動いており、管理者は誰もいない
  • 売買記録を世界中のコンピューターで共有しているので、不正をすることができない
  • ビットコインの上限数が決まっているため、需要と供給から値段が決まってくる

ビットコインの将来性について

ビットコインになぜ投資をするのか?
ビットコインの将来性について解説します。

個人的にビットコインの価格は長期で上がると思っているので、その理由を3つ紹介します。

1.上限数が決まっている

ビットコインは上限数が2100万枚までと決まっています。
現在流通しているビットコインは1700万枚ほどで、残りは「マイニング」と呼ばれる採掘を行い、数量を増やしています。

マイニングで新規にビットコインを発見するのですが、4年に1度「半減期」と呼ばれる時期があります。
この「半減期」がくると、ビットコインの新規発行数(マイニングで発見できる数)が半減されるため、希少性がさらに上がりビットコインの価格が高くなりやすくなります。

上限数が決まっており、希少性が高い

現在ではその希少性からゴールド(金)に代わり「デジタルゴールド」とも言われています。

ゴールド(金)に投資するのもいいですが、将来性を考えると僕はビットコインに投資したいです。
今後もビットコインの希少性が高まり、価格が上昇するでしょう。

2.企業が買い集めている

ビットコインは上記の理由により、希少価値が高まっていくという話をしました。
それに早く気が付いた企業が、ビットコインを安いうちに購入しようと動いています。

既にビットコインで取引できるビジネスモデルも続々と登場しています。

  • Twitter社では投げ銭でビットコインが送金できるように
  • テスラ車では車をビットコインで購入できるように

などなど、ビットコインを使う流れは米国企業を中心に加速しています。
日本でもネクソン社が110億円のビットコインを購入したことで話題になりました。

ビットコインを保有する世界の上場企業リスト

https://www.coingecko.com/ja/public-companies-bitcoin

ビットコインを企業が買い集めている

3.国が自国通貨として使おうとしている

2021年6月にエルサルバドルが世界で初めてビットコインを法定通貨として認めました。
エルサルバドルとは中央アメリカに位置する、人口600万人ほどの小国となります。

このような新興国において自国通貨や米ドルなどより、ブロックチェーンで動いているビットコインの方が利便性が高いと言えます。

日本にいると気が付かないですが、世界には銀行口座や住所を持てない人がたくさんいます。
そうした人でもビットコインはスマホさえあれば保有できるという点で、大きなメリットとなります。

特に、いろいろな国に出稼ぎに行く人は、稼いだお金を国外送金するために多大な労力と時間を必要とします。
しかし、ビットコインならアドレスに送金するだけなので、かなりのメリットと言えるでしょう。

ビットコインを法定通貨として使う国がある

リスクについて

将来性について理解したところで、今度はリスクについても覚えておきましょう。

国や政府の規制

ビットコインなどの仮想通貨最大のリスクは、やはり国や政府が禁止することにあります。

上記でエルサルバドルが法定通貨として認めると書きましたが、日本ではビットコインを外国通貨としては認めていません。

日本政府が、ビットコインを外国通貨ではなく、これまで通り暗号資産(仮想通貨)に該当すると見解を示した。

日本政府、ビットコインを外国通貨と認めず エルサルバドルの法定通貨化受け (coinpost.jp)

このように国や政府がビットコインを禁止する場合、個人ではどうしようもできません。
場合によっては売買も禁止され、ビットコイン価格が紙クズ同然の値段になる可能性もあります

また2021年9月において、中国ではビットコイン取引は全面的に違法として禁止すると発表しました。

中国人民銀行(中央銀行)が仮想通貨関連のあらゆる取引は違法で、禁止しなければならないと発表。

ビットコインやイーサ急落、中国が仮想通貨全面禁止の方針 – Bloomberg

これを受け、当時のビットコイン価格は急落しています。

ビットコインはまだまだ新しい技術のため、世界中で法律が完璧ではありません。
そのため思わぬ規制が行われ、ビットコインの価値が無くなってしまうリスクがあります。

国や政府の規制でビットコインが使えなくなる恐れがある

ハッキングリスク

ビットコインはブロックチェーンで動いているため、不正自体はできないのですが取引所がハッキングされ盗まれてしまう恐れがあります。

少し前の事件ですが、2018年9月14日に仮想通貨取引所であるZaif(ザイフ)がハッキングを受けました。 ハッキングにより3種類の仮想通貨が流出し、被害総額は67億円だそうです。

また、2019年7月12日には仮想通貨取引所であるBitpoint(ビットポイント) がハッキングを受け、
30億円の被害を受けました。

いずれも顧客の資産が盗まれているので、ハッキングリスクは頭の片隅に入れておいた方がいいでしょう。盗まれた資金は顧客の元に戻りませんでした・・・。

取引所のハッキングリスクがある

しかしながら、仮想通貨取引所もハッキング対策としてセキュリティを厳重にしています。
そのおかげもあり、最近ではハッキング事件をあまり聞かなくなりましたね。

仮想通貨取引所のおすすめ

ビットコインの将来性とリスクは理解したけど、どこで取引すればいいの?

日本ではたくさんの仮想通貨取引所がありますが、結論から言うとオススメは
Coincheck(コインチェック)BitFlyer(ビットフライヤー) になります。

コインチェックは僕も実際に使っている取引所で、 初心者でも分かりやすく使いやすいのでおすすめです。
手数料が安く、セキュリティも安全で、取り扱い通貨も国内最多クラスとなります。
その他、細かい説明は後述します。

口座開設に迷ったら Coincheck(コインチェック) がオススメ!

ビットコインを積み立て投資したいならビットフライヤーがおすすめです。
コインチェックでも積み立て投資はできますが、細かい調整が効かないのでやりにくいです。

BitFlyer(ビットフライヤー) はビットコインの積み立て投資におすすめ!

ビットフライヤーで積み立て投資を行う方法は別記事で紹介予定です。

今回はコインチェックでの口座開設方法と取引方法を解説します。

Coincheck (コインチェック)

コインチェック株式会社は2014年8月に設立された、国内大手の仮想通貨取引所です。
特徴として、以下の5つの特徴があります。

  • 初心者でも扱いやすい
  • 国内最大級の仮想通貨を取り扱い
  • 徹底したセキュリティ体制を構築
  • NFT取引ができるため、将来性が高い

初心者でも扱いやすい

コインチェックは初心者でも使いやすい取引所です。

「日本で一番簡単にビットコインを買える取引所」として、ユーザーの使いやすさを重視して感覚的に使いやすいデザインを採用しています。
簡単に現在価格や価格の変化などを表すチャートを確認することができます。

僕も実際に使ってみましたが、初めてでも使いやすく分かりやすく使いやすかったので、すぐに取引することができました。

購入方法は後ほど解説します。

国内最大級の仮想通貨を取扱い

コインチェックは、仮想通貨の取扱種類が多い取引所としても知られています。
ビットコインを始め、現在(2021年10月)は以下の17種類を扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)

国内では最大級の取り扱いとなります。

仮想通貨の種類については別記事で詳しく紹介します。

徹底したセキュリティ体制を構築

ネット証券の大手企業であるマネックスの子会社なので、セキュリティも万全です。
コインチェック公式ページより、具体的なセキュリティ対策が記載されています。

セキュリティ対策その
コールドウォレット

コールドウォレットを利用することで、オンラインから隔絶されハッキング対策には非常に有効になります。

セキュリティ対策その
マルチシグ

秘密のキーを複数用意した公開認証方式のことです。マルチシグを利用することでハッキングが困難になります。

セキュリティ対策その
二段階認証

ログインの都度、スマートフォン宛てにワンタイムパスワードを発行し、入力を必要としています。

セキュリティ対策その
SSL

悪意のある第三者に取引データの内容が覗かれたり、個人情報が抜き去られるのを不正でくれるSSL(ソーシャル・ソケッツ・レイヤー)が採用されています。

NFT取引ができるため、将来性が高い

最近なにかと話題のNFTですが、コインチェックにはNFTを取引できる「Coincheck NFT(β版)」があります。

まだβ版ではありますが実際に取引することができ、仮想通貨取引所では国内初となります。
他のプラットフォームでは、英語での作業となるため、完全日本語なのは日本人にはありがたいですね。

このような最新のITトレンドをいち早く取り入れており、コインチェックの将来性は高いと言えます。

NFTについてもっと知りたい方はこちら

コインチェックの口座開設の方法

コインチェックで仮想通貨を購入するためには、まず取引用の口座を開設する必要があるので、順番に見ていきましょう。

今回はスマートフォンの画像で解説しますが、PCでも基本操作は一緒です

STEP
アプリをダウンロードする

まずはコインチェックのアプリをダウンロードしましょう。
(PCの方は公式サイトから会員登録を押してください)

STEP
アプリを立ち上げ会員登録をする

1.アプリ下部の会員登録を押します。

2.メールアドレスを入力して「次へ」を押す。

3.パスワードを入力し「登録」を押す。

4.入力したメールアドレスにメールが届くので確認しましょう。
「以下のURLをクリックして、メールアドレスを確認してください。」の下にURLがあるので押します。

STEP
本人確認情報を入力

1.アプリに戻り本人確認をします。

2.確認事項を確認し 「次へ」

3.免責事項を確認してください。
問題がなければ「同意する」

4.電話番号を入力して 「次へ」
ショートメッセージが届くので6桁の番号を入力しましょう。

6.名前、住所、その他必要事項の入力をします。
すべて入力したあと「次へ」

STEP
本人確認書類の提出を行う

4.提出する本人確認書類を選択しアップロードします。

現住所の確認画面が出るので「はい」を押す

5.提出後、本人確認の写真を撮ります。
手順に沿って撮影すれば問題ないですが、以下のことに気をつけてください。

撮影のポイント
  • 明るい場所で撮影する
  • 顔が隠れないように気をつける
  • 本人確認書類の文字が潰れないように気をつける
  • 指などで記載内容が隠れないようにする
STEP
二段階認証の設定をする

コインチェックでは安全な取引のため、googleの認証アプリによる二段階認証を採用しています。ハッキング防止のために登録しておきましょう。

スマートフォンに認証アプリをダウンロードします。(PCの方もスマートフォンにダウンロードします。)

認証アプリで生成されるパスワードは一時的なものです。
一定時間で別のパスワードに更新されるのですばやく入力しましょう。

以上でアカウント登録は終わりになります。

コインチェックの口座に入金する

コインチェックアプリを開き、下部の入出金を押します。

入金方法が選べるので、お好きな方法を選びます。

入金方法は以下の3種類があります。

  • 銀行口座から入金
  • コンビニ入金
  • クイック入金

それぞれメリット、デメリットがあるので自分にあった入金方法にしましょう。
今回は初心者にわかりやすくオススメな「銀行口座入金」と「コンビニ入金」について解説します。

銀行口座から入金

一番おすすめなのが、銀行口座からの入金です。

アカウント認証が終わると、振込先口座が表示されます。

お手持ちの銀行口座からコインチェックの振込先にお金を振り込みましょう。

振込先は「GMOあおぞらネット銀行」と「住信SBIネット銀行」がありますが、
どちらに振込しても問題ありません。

それぞれ同じ銀行からなら振込手数料は掛かりませんが、その他銀行の場合は手数料152円~440円が掛かります。

「住信SBI銀行」に振り込む際には、振込人名義にコインチェックIDを入力すること!

銀行振り込みで「住信SBI銀行」に振り込む場合、振込人名義にコインチェックIDを入力してください。

IDの入力を忘れると振込が反映されません!

もしIDの入力を忘れた場合は、お問い合わせフォームから申請することになります。
(僕も一回やらかしましたが、お問い合わせしたところ無事に入金されました)

入金後は、口座反映まで少し時間がかかるので待ちます。(1日~2日かかる時もある)

まとめ
  • 銀行口座に振り込むだけなので作業が分かりやすい
  • 手数料が安い(振込先と同口座なら無料)
  • 住信SBI銀行に振り込む場合は、ID入力が必須
  • お金が反映されるまで少し時間がかかる

コンビニ入金

コインチェックはコンビニからも入金ができます。

コンビニ入金では、土日や銀行の営業時間外でもすぐに反映され便利です。

コンビニ入金では以下のコンビニに対応しています。

  • ローソン
  • ミニストップ
  • セイコーマート
  • ファミリーマート

対象のコンビニを選択します。

入金する金額を入力し「お支払情報を発行」をタップ

「バーコードを表示」をタップしコンビニのレジでお支払いすることで入金されます。

コンビニ入金は素早く取引できますが、手数料が高くなるので気を付けましょう

入金金額手数料
3万円未満770円
3万円以上1018円

注意点として、1回の振込で30万円までしか入金できません。

まとめ
  • コンビニで支払うだけなので作業が楽
  • 土日や銀行の営業時間外でも入金できる
  • 口座反映が早いのですぐに取引できる
  • 手数料が高い
  • 1回で30万円までしか入金できない

コインチェックで仮想通貨を買う方法

入金が完了したら、いよいよ仮想通貨の購入です。

例としてスマートフォンでビットコインを購入する手順について紹介します。

PCでも操作は同じです

ビットコインを購入するときには、取引所販売所の2種類があり注意が必要です。

それぞれどちらでも購入はできますが、購入方法の違い、購入価格の違いなどがあります。

取引所
  • ユーザー同士で取引をする
  • 自分で売買したい価格を決めて、マッチする相手がいれば自動で取引される
  • 取引方法は少し複雑
  • 4種類のコインしか売買できない
  • webブラウザからしか売買できない
販売所
  • コインチェック(企業側)が集めたコインで売買する
  • 価格はコインチェック(企業側)が決める
  • 取引方法は非常に簡単
  • ビットコイン含む、全てのコインを売買できる
  • アプリから簡単に売買できる

どちらも手数料は無料ですが、一番の違いは購入価格が変わることです。

極端な例として、ビットコインが100万円のときに購入したい場合・・・

  • 取引所では100万円付近の自分で選んだ価格で(相手がいれば)購入できる
  • 販売所では120万円で購入できる

少しややこしいですが、このような違いがあります。
おすすめは圧倒的に安く買える取引所です。

日本の仮想通貨取引所は、どの取引所も同じ仕様になっています。

まずはおすすめな取引所での売買手順を解説します。

この取引方法は「板取引」と呼ばれ、株式投資なども同じ取引方法になります。
覚えて損はないので、少し難しいですが頑張りましょう。

手数料を払っても簡単に取引したい方は、こちらから販売所の取引方法へジャンプ!

取引所での取引方法

STEP
コインチェックの公式ページからログイン

1.まずはsafariなどのブラウザを使い、公式ページにアクセスしてログインして下さい。(アプリは不可)

2.ログイン→取引アカウントと進みログイン画面へ。

3.メールアドレスとパスワードを入力し、
「私はロボットではありません」のチェックを入れます。

4.「メールアドレスでログイン」をタップ。

5.先ほどインストールした二段階認証アプリを起動します。

6.画面に表示されている6桁を覚え、コインチェックのログイン画面に戻ります。

6桁を入力し「認証する」をタップ。
これでログインできました。

STEP
ビットコインの注文をしてみる

1.ログインが完了したら、下にスクロールしていき「現物取引」の場所までいきます。

ビットコインを買う場合

各項目を入力していきます。

  • レート」にビットコインがいくらになったら購入したいか
  • 注文量」に欲しいビットコインの量
  • 概算」に日本円でいくら分購入するか

を入力します。(「注文量」と「概算」はどちらかを入力すれば自動で入力されます)

例:ビットコイン価格が650万円のときに3万円分購入したい場合

  • レートに「6500000」と入力
  • 概算に「30000」と入力
  • 注文量は勝手に入力されます(今回は0.0076923)

入力後に「注文する」をタップすれば注文されます。

今回の例でいうと、ビットコイン価格が650万円のときに0.0076923ビットコインを5万円分買いたいです注文したことになります。

あくまで注文なので相手とマッチングしないと購入できません。
この場合、ビットコインが650万円のときに0.0076923ビットコイン以上売りに出している人がいれば自動的にマッチングします。

このマッチングのことを約定(やくじょう)といいます。

ここで注意!

現在のビットコイン価格より高い「レート」で注文すると、現在のビットコイン価格ですぐに約定します

(「レート」を650万円で入力しても、ビットコイン価格が630万円の場合、630万円で注文されます。)

約定したかどうかは、「約定履歴」またはアプリの「総資産」から確認できます。

約定日時が表示される
アプリの「総資産」をタップすると購入金額が表示されている

約定しなかった場合は上記「約定履歴」画像の左にある「未約定の注文」から確認できます。

マッチングしていないだけなので、相手がいれば自動的に約定します。

未約定の注文をキャンセルしたい場合は「未約定の注文」を右にスクロールすると、注文を取り消すとあるので、そこからキャンセルできます。

矢印部を左にスクロールすると注文キャンセルできる

ビットコインを売る場合

ビットコインを売りたい場合は、上記購入方法と同じく「現物取引」から行います。

売り」ボタンを押すとビットコインを売ることができるようになります。

背景が赤くなり「売り注文」を出すことが一目でわかります。

購入時と同様に各項目を入力しましょう。

  • レート」にビットコインがいくらになったら売却したいか
  • 注文量」に売りたいビットコインの量
  • 概算」に日本円でいくら分売却するか

今回の画像の例だと、「ビットコインが650万円の時に5万円分(0.0076923ビットコイン分)を売りたいです」と注文したことになります。

買い注文と同じく、マッチング相手がいると約定します。

なお、この方法で購入できる銘柄は限られており、以下の5種類のみ取引できます。

  • ビットコイン
  • イーサリアムクラシック
  • ファクトム
  • モナコイン
  • パレットトークン

これ以外の銘柄が欲しい場合は、次に説明する販売所から購入する必要があります。

販売所での取引方法

販売所の取引はアプリで行えるので楽チンです。
手順でいうと以下の3ステップで終了です。

STEP
アプリを開く
STEP
取引画面に行き、金額を入力する
STEP
購入ボタンを押す

ね、簡単でしょ?

ということで詳しい解説をしていきます。
まずはコインチェックのアプリを開きましょう。

ビットコインを購入したい場合

まずはアプリから欲しい銘柄を選びましょう。

赤枠内をスクロールして銘柄を選びます。
今回はビットコインを選択します。

銘柄を選んだら、「購入」ボタンをタップします。

ビットコインの購入画面になるので、買いたい金額を入力してください。

画像上記の「¥6,706,908」がビットコインの価格になります。
取引所でいうと「レート」のところですね。

現在のビットコイン価格より購入時のレートは上乗せされているので、その分損をすることになるので注意!

入力が終わった後は「日本円でビットコインを購入」をタップして終了です。

ビットコインを売りたい場合

ビットコインを売りたい場合も購入手順とほぼ同じになります。

アプリを開き、「売却」をタップ。

ビットコインをいくら分売りたいかを入力し、「ビットコインを日本円で売却」をタップする。

これで売却完了です!

売る時もビットコインの「レート」に気を付けてくださいね。
(ビットコイン価格は650万円なのに、売るときは630万円になっている)

取引所での売買は非常に手軽で誰でもできると思います。

こちらの方法でしか買えないコインもあるので、自分で欲しいコインを調べてみましょう。
ビットコイン以外にも有名なイーサリアムなども、こちらでしか購入できない使用になっています。

まとめ

今回はビットコインについてまとめてみました。
今まではビットコインの名前しか知らなかった人も少しは理解できたかなと思います。

最後に注意点ですが、ビットコインの取引で利益が出た場合、税金がかかります。
仮想通貨の利益は雑所得になるので、20万円までの利益なら非課税となります。

それよりも多く儲かった場合は一旦冷静になって、税金に注意して下さいね!

ビットコインの投資に関して僕は賛成派なのですが、あくまで投資は自己責任になります。

思いがけず価格が暴落する可能性もあるので、取引には十分注意しましょう。

ビットコインで億万長者も破産した人もたくさんいます。

自分で判断して取引を楽しみましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる